今後と現状

Health care

これまでの段差解消機というのはたとえば階段をのぼったり降りたりするときに、イスに座った状態てで安全に移動することができる機械のことです。今後はどうなっていくのかを見ていくことが必要です。

Read More

介護ソフトを使う

Health care

介護費を請求するための方法について。

介護保険制度は老化によって弱くなった高齢者の介助を補助する役割を担っており、この使われ方が注目されているところです。請求方法には書面によるもの、磁気媒体によるもの、データの伝送によるものの3つの方法がありますが、手続きの煩雑さのため、紙媒体での請求は認められていない場合が多いです。磁気媒体は光磁気ディスク、磁気テープ等ですが、紛失盗難などによる個人情報流出事故のリスクがあるためあまり選択されておらず、伝送によるものが一般的になっています。伝送する場合、一般のインターネットを通すことができず、NTTの引くISDN回線を通して国民健康保険組合に伝送することになります。こうした形は今やどの事業所でも導入されていますし、介護保険点数の請求においては今後、スタンダードになると考えられています。

介護ソフトの種類について

介護給付費の請求には介護ソフトを使って処理するのがいいでしょう。それまではアナログな形式で計算をしてから国へ請求をしていた所ですが、ここでは計算ミスや認識ミスなどが起こりやすい部分であり、本来請求すべき金額とは異なることもザラにあったようです。しかし、介護ソフトを使うことによって算ミスもほぼ防ぐことができるようになり、正しい形で請求を依頼できるようなスタイルになりました。こうして、介護保険を使って介護サービスを利用する高齢者にとっても安心して事業所に任せることができるようになりましたし事業所自体の事務処理も飛躍的に簡単になり、お互いに撮ってメリットのある形になったと言えます。

段差解消機を使う

Health care

段差解消機とは、車いすに乗ったまま玄関などの段差の昇り降りをすることができるリフトを指します。これは住まいだけでなく最近では商業施設にも設置されることが多くなっていて車椅子の方の移動も行いやすくなっています。

Read More